風俗のお仕事にて風俗の本指名・写真指名・ネット指名の違いとは?

風俗で指名と呼ばれるものは、本指名や写真指名、ネット指名などがあります。あまり一般的にはなじみのない言葉ですが、どのような違いがあるのでしょうか? それぞれの特色を紹介します。

目次

  • 1.フリーと指名の違い
  • 2.ホームページから気に入った女の子を決める
  • 3.お店に来てから決める指名
  • 4.気に入った子を再度指名する
  • 5.本指名につなげるためには
  • 6.リピーター獲得が高収入の鍵

1.フリーと指名の違い

風俗ではお客さんが、好みの女の子を選んで遊ぶものだと思っている人が多いかもしれません。しかし初めてのお店ではどんな子がいるのかわからないので、お客さんがスタッフに好みを伝えて任せるパターンもあります。指名料がかからないので、少し安く遊べるのが男性にとってのメリットです。

そのようなお客さんはフリーと呼ばれ、基本的には体験入店や出稼ぎの女の子を割り当てるのが風俗の一般的なルール。体験入店中にフリーのお客さんをたくさんつけて、その中から本指名につながればお店にも女の子にとってもうれしいこと。出稼ぎの子にフリーのお客さんをつけるのは、交通費などをお店が負担している場合にその分を取り替えさないとマイナスになってしまうから。しかしこちらも風俗で出稼ぎに来ている女の子も稼げるので、お互いにプラスになるといえるでしょう。

また新人や出稼ぎ以外でフリーのお客さんを回す場合には、人気のある子を優先するお店が多くなっています。「人気があるのに、さらにフリーのお客さんまでズルい」と思うかもしれませんが、お店としてもフリーのお客さんを次につなげたいのです。もしフリーのお客さんについたなら、次のつながるようなサービスや接客をこころがけましょう。

2.ホームページから気に入った女の子を決める

インターネットの普及のより、風俗の世界もネットを活用するお店が多くなりました。男性がどのような女の子が在籍しているかを見るのに、お店のホームページはとても役に立ちます。お客さんがホームページで気になった女の子を指名してくることもよくあり、ネット指名と呼ばれるほどになりました。

ただお店のサイトにしっかりと顔出ししている女の子は、ほとんどいません。手で目や口元を隠したりぼかしを入れたりと、バレないように対策をします。男性はそんな写真とコメントから、想像力を働かせてネット指名をするのです。

ネット指名が頻繁に行われるのが、デリヘルです。デリヘルは店舗がないので、お客さんとお店は電話のやり取りが基本。電話でスタッフに好みのタイプを伝える人もいれば、お店のサイトで吟味をしてネット指名をしてくる男性もたくさん。ネット指名は本指名よりも料金が安く設定しているお店が多く、中には無料のところもあります。

ネット指名を増やすのに一番なのは、できるだけ顔の雰囲気がわかる画像を使うこと。とはいえバレるのが不安な人は、無理に顔出しをするのは危険です。お店のプロフィール画像の他に、写メ日記を読んで指名してくる男性もいます。写メ日記のこまめな更新は、とても重要なのです。ネット指名だけでなく、一度遊んだお客さんが女の子の写メ日記を読んで本指名をすることだってあります。風俗にとって大切な写メ日記は、待ち時間などを利用して更新をしておきましょう。

3.お店に来てから決める指名

風俗でも店舗型や受付型のお店では、お客さんが直接お店に来店します。そのときには、パネルやファイルに入った写真などを見て女の子を選ぶのです。これを、写真指名と言います。サイトの女の子情報では顔を隠している子でも、お店では顔を出した写真を使っている場合もあるのでネット指名よりも選びやすいのが売りです。

しかしお店で出している写真は、ほとんどが大幅に修正されています。写真を実物が違うことは「パネマジ(パネルマジック)」と呼ばれ、お客さんも写真と違いがあると分かりながら写真指名をしている人も多いのです。

写真指名の画像を修正するのはきれいに見せるのが一番の理由ですが、女の子のバレ防止の役割もあります。写真指名の料金は本指名よりも低く設定されているのが一般的。しかし中には、写真指名を無料にしているお店もあります。写真指名までは気軽に利用してもらい、本指名へつなげたいとの思いがあるのでしょう。

女の子のほうもせっかく写真で選んでくれたお客さんには、ぜひとも次には本指名をして欲しいもの。お客さんはパネマジではない場合、最初は喜びます。しかしその後のサービスに満足をしなければ、本指名にはなりません。見た目以外の部分が、お客さんの満足度に大きく影響をするのです。

4.気に入った子を再度指名する

お客さんがフリー、または写真指名やネット指名で利用し、気に入った場合は次に利用するときもその女の子を指名します。それを本指名と呼び、風俗で働く女の子が、なによりも欲しいものです。

風俗で高収入を得るには、本指名をたくさん取ることがなによりも重要。本指名は写真指名やネット指名と違い、お店でも特別なあつかいをしています。価格も本指名は少し高めに設定をしており、そんなお金を払ってでも会いたいとお客さんに思ってもらえるかどうかが大きな鍵になるのです。

5.本指名につなげるためには

風俗では、本指名を取ることが大事と先にも説明をしました。しかし、どのようにすれば本指名を取れるのかわからないと思っている子も多いでしょう。本指名が取れる子と取れない子では、どのような違いがあるのでしょうか?

写真指名やネット指名では、見た目がいい子のほうがもちろん有利です。しかし、それが本指名につながるかどうかはその子次第。見た目で選んでも、内容が楽しくなければお客さんは次に利用したいとは思いません。逆に見た目はそれほどでなくても、内容が良ければお客さんは「次もこの子に会いたい」と思ってくれるのです。

「なんであの子が人気なの?」というのは、風俗ではよくある話。しかしその子と一緒にいると、人気の秘密がわかるはず。人懐っこかったり聞き上手だったりなど、愛嬌のある子はたとえ見た目は良くなくてもモテます。それは、日常生活でも風俗の世界でも変わりません。愛嬌は元から持った資質も大きいですが、お客さんを楽しませようとする気持ちがあれば自然と伝わるもの。プレイでも接客でもいいので、他の女の子との違いをなにか見つけることが本指名の獲得には重要です。お客さんに合ったサービスを、こころがけましょう。

6.リピーター獲得が高収入の鍵

本指名をもらえたからといって、そこがゴールではありません。その次につなげて、最終的にはリピーターになってもらうのです。そんな何度も通ってくれるお客さんを、たくさん増やすことが高収入には欠かせないこと。あなたのファンをたくさん増やすと考えれば、わかりやすいでしょう。

ただアイドルであっても人気が出ないまま終わる子がほとんどなのに、風俗の世界の人気者になれるか不安に思っている子も多いと思います。最初は慣れなくて当然なので、うまくいかないこともたくさんあるでしょう。そこから「もっとこうしたほうがいいかな?」と考えて行動しているうちに、だんだんとどうすればお客さんが喜んでくれるのかわかってくるはずです。もし本などを読んで研究したいなら、接客について書かれたビジネス書が役に立ちます。風俗も接客の仕事なので、参考になることが多いはずです。

風俗での指名といえば、本指名を指すほど重要とされています。写真指名やネット指名ももちろんうれしいことですが、そこからステップアップをして本指名を取れるようにがんばりましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です